調査の力で、適正な保険金支払いを実現する

 当社は、損害保険・生命保険や共済などの保険金が適正に支払われるための調査活動を行うことを使命としています。

 多くの方が自動車保険や共済に加入されていますが、交通事故が発生した際、加入している保険の内容に応じて、保険金が支払われます。保険というものは「一人は万人のために、万人は一人のために」という思想から成り立つ制度であるため、当然ながら保険金の支払は常に「公平性・公共性・適正性」が求められています。

 当社は、こうした保険の健全な運営がなされることに、適切な調査を通じて貢献している会社といえます。

 当社に依頼される案件は、多くの場合、適正な保険金の算定が難しいケースです。例えば、交通事故を起こした当事者がともに「自分は被害者だ」という意識をもっており、事故状況の認識が折り合わないケースです。自分には非はないと思っていても、相手からは「貴方が悪いので損害賠償請求する」といった意思表示がなされ、円満に解決がなされないケースも少なくありません。

 そこで当社が、公正・中立な立場から調査を行い、事故の状況を詳細に取りまとめた上で、過失割合を説得力のある形で提示していくのです。これにより、当事者間ではなかなか進展しない問題の解決に寄与しています。

公正・中立な立場で年間12万件超の調査を実施

 当社は、1973年に国内の損害保険各社が共同で出資して設立されました。現在も、主として各損害保険会社が当社株式を所有している、安定した会社です。

適正な保険金の支払いに貢献することが当社の使命である以上、どちらかに偏ったりして、公正性・中立性を欠くことは許されません。この「公正・中立」という信頼が40年以上にわたり蓄積され、現在、年間調査件数は約12万5,000件、この40年間でお客様から依頼を受けた調査件数は400万件を超える業界トップの調査を扱う会社になっています。また、当社は全国56箇所に調査サービス拠点を有する調査会社であり、このネットワークも大きな強みとなっています。

保険が世の中になくてはならないものである以上、当社が担う社会的使命もまた永続的に続いていきます。国内損保の共同出資という安定した経営母体のもとで、長年築き上げてきた信頼と実績、ネットワークをフル活用し、さらなる成長を目指しています。